はっぴょう会まで vol.2 「おかあさん」

私は4歳でピアノを習いはじめ



初めてのはっぴょう会の曲は













「おもいでのアルバム」でした。













メロディー と 分散和音 の曲は



初めてにしてはほどよいチャレンジだったなと思います



















母は保育士でしたがピアノが得意なほうではなく…



私にピアノ教えることはなかったのですが…













当時、使用していた



「おもいでのアルバム」の楽譜には



2小節ごとに母が書いた小さなハナマルが残っています。







大人になって改めて見返すと



何でこんなところで区切る?

2小節ごとにとめてたら不自然じゃない?



と、思うけど。笑









母なりに、次のレッスンまでに宿題になっているところを弾けるよう、私の練習を見てくれていたのでしょう…













それから何度もはっぴょう会を経験し、そのたびにピアノが好きになっていく私…



そんな私をいつも応援してくれて、終わったあとには褒めて褒めて褒めてくれた両親…













母はよく



「あなたが小さい頃は本番で失敗して落ち込まないか心配する気持ちもあったけど、小学校3年生のはっぴょう会から、聴いてても間違ったのかどうかも分からない曲になったから、それからは何も心配せずに見てられたわ。」



と。笑















小学校3年生?







何の曲だったかな?













どうやら、フォーレの「シシリエンヌ」



https://youtu.be/Zop26oeIeGc





たしかにちょっと音が複雑に重なってて、ピアノに詳しくなければよく分からないかも















piamare music のおかあさまたちもよく練習を見てくれます。



きっと毎日の生活時間にピアノの練習を習慣づけるのはとても大変なことだと思います。













100円ショップでシールとシール台紙を買って練習したらごほうびシールを貼っている





とか





一人で練習してからおかあさんを呼んで聴いてもらい「合格」が出るまで終わらない





とか







↑↑↑これ、きついな。笑













このまえ、中学生の生徒さんのおかあさまとお話したときも





「小学校3.4年生のころは、練習したの?って直接言うと、アレだから



「○○ちゃん、ごはん先にする?それとも…」



って、なるべく、やりなさい、って言わないようにしてました」





と。



さすが、Mちゃんママ。すてきだ。笑





ですよね、ですよね、練習したの?ばっかり言われたらちょっと難しいおとしごろの小3.4女子はすねちゃって、余計に弾かなくなりますよね













まだ5歳なのに一人で練習できる子もいるし、10歳でも言わなきゃやらない子もいるし、みんないろいろ







がんばれー!!!!













おかあさんたちにも、はっぴょう会を楽しんでほしいな…


ピアノのせんせいダイアリー

ピアノのせんせいのまいにち。 せんせい1人。生徒60人。

0コメント

  • 1000 / 1000